電車や新幹線が不安というパニック障害とめまいふらつき、首の痛みでお越しになった大阪市の44歳の女性から3回目の施術後に体験談を頂きました。

201407291

 

院長コメント

この方は25年ほど前に車の助手席に乗っているときに胃がむかついて血の気が引いて冷や汗がでるというパニック発作に襲われたそうです。

その後しばらく落ち着いていたそうですが、8年前の出産後不安感が再発し、電車に乗ることがつらくなったそうです。

また、20年前にはバスの急ブレーキで転倒しむち打ちのようになり、それ以後ずっと首が痛むということでした。病院では頚椎損傷と診断されたそうです。

11年前にはめまいふらつきが発症し、3か月で治まったが、1年後に再発し、その後10年間めまいふらつきがずっと続いているということでした。

 

頚椎に変位があり、25年前の最初のパニック発作のトラウマ以外にも小学校時代や胎児の時のトラウマがありました。

自律神経や脳内ホルモンにも機能不全の反応がありました。

ヒーリングメニューで施術しました。

頚椎の歪みを整え、頭蓋骨を調整し、ストレスのリセットとトラウマを解放を試みました。

 

初回施術後には首の痛みは大幅に軽減し気にならなくなったが、不安感とめまいふらつきは残った。

2回目の施術後には、新幹線を使って家族でディズニーランドに行ったが、不安感やそわそわ感なしで乗ることができたと喜んでいただけました。

5回目の施術以降はめまいふらつきも感じなくなったそうです。

電車や新幹線への不安感は無くなったが、外出前には軽い不安感がよぎることがあるということなので、施術間隔をひろげながら通院いただこうと思います。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

 

関連する記事を読む: