TV番組「健康元気の時間」で脂質異常症対策をやっていました。

脂質異常症は放っておくと脳梗塞などの脳血管障害や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなるらしい。

脂質異常症の血液検査での基準値は、

HDL(善玉)コレステロールが40未満

LDL(悪玉)コレステロールが140以上

中性脂肪が150以上

らしいです。

コレステロールについては悪玉とか善玉という呼び名に違和感はありますが・・・(どちらも細胞の新陳代謝には必要不可欠らしいですから)

小生HDLコレステロールが66で、LDLコレステロールが154・・・LDLが少々高めです。

でも検査によってはLDLは140以下になったり以上になったりするので誤差の範囲と思っています(笑)

小生、中性脂肪は91。文句なしに正常値(笑)

小生の場合、コレステロール値や中性脂肪値は、摂取カロリーを減らして運動量を増やせば簡単にできるような気がします。

でも、簡単なようで、食欲は本能に基ずくものだけに現実に行うのは難しいですね。

 

この番組での対策法は

1 朝の食事はジュースにする

1405395880114

にんじんリンゴジュースですね。

小生も空腹やプチ断食が免疫力に良いと聞いて6年ほど前にこれを行ったことがあります。

最初の1週間は午前中の空腹感に参りましたが、慣れれば全然平気でした。

初めて3か月で4キロ体重が減りましたから、ダイエットとしても良いでしょうね。

でも、問題はジュースのカスの後始末・・・女房殿からのクレームで、ジューサーに変更。

そして今はリンゴ半分とヨーグルトに蜂蜜と青汁という朝食に落ち着いています。

何事も続けるのが大事ですから、無理のない範囲で行うことが大事でしょうね。

 

2 炭水化物を減らす

1405395895553

これもまた、ごはん好きの日本人にとっては難しい面があるかもしれません。

ようは摂取カロリーを減らすことが重要なので、炭水化物だけを悪者にする必要はないかもしれません。

動物性脂肪を摂るのを控えたほうがよいかもですね。

 

3 肉類の蛋白質よりは魚を、特にトロが良い!

1405395906443

魚の油に含まれるEPAは中性脂肪やコレステロールを抑える性質があるそうです。

でも、どうしてトロなのかなあ・・・

我々庶民は毎日トロを食べることはできませんよねえ。

EPAはトロよりもイワシやハマチのほうが多く含まれているようです。

サバも結構多いです。

サバやイワシなら庶民でも大丈夫ですね。

 

この三つの食生活を試したモニターの方は、皆さんコレステロール値と中性脂肪値が改善されたようです。

運動を加えた人は血管年齢が10歳以上若返ったとか!

やはり、成人病の源は「食べ過ぎ」(質も含めて)と運動不足なんでしょうね。

血液検査の値が気になる方は一度試してみるのも良いかと思います。

関連する記事を読む: