般若心経に「色即是空空即是色」という文がありますが、目に見えるもの「色」はすべて、目に見えないもの「空」であるということです。

形あるもの「色」も、元をたどっていくと目に見えない波動「空」に行きつくということを、お釈迦様は悟っておられたわけです。


面白い本を見つけました。

「中村天風の優しい瞑想法」という本。

1404173039132

やり方はというと、五百円玉ぐらいの丸い玉を見つめて目をつぶります。

すると丸い残像が浮かんできます。

その残像が消えた瞬間が無我無念の状態で、心が「空」になっているというもの。

どんな禅僧でも無我無念の状態を続けることは不可能だとも書いてあります。

丸い黒い球を見つめ、目をつぶり、残像を見て消えた瞬間の無我無念の状態を何度も感じることが大事だと書いてあります。

1回15分で良いから毎日行うことが大事だとも。

あるとき中村天風に弟子が「私は毎日3時間瞑想をしています」と自慢げに言うと、天風はその弟子を叱ったそうです。

「3時間も瞑想する時間があるなら、その分自分の仕事をもっと行え」と。

中村天風って偉い人ですね。

 

無音の状況で瞑想を行うと案外雑念が湧きやすかったりします。

そこでバックグランドミュージックを買いました。

チベット法具のシンギングボウルのCDです。

1404173023639

心が落ち着き、瞑想するのにはぴったりです。

アマナマナというところで買うことができます。

http://www.amanamana.com/item/singingbowl.html

関連する記事を読む: