パニック障害の動悸、息苦しさでお越しになった大阪市の女性から体験談を頂きました。

201407011

 

院長コメント

この方は13年前の19歳の時に、10代の心の病で悩む子の番組を見ていたところ、多重人格の子が変わる場面を見た瞬間、心臓がバクバクして動悸がして息苦しくなったそうです。

それが初めてのパニック発作だったらしいです。

その時は1年ぐらいで治まったそうですが、4年前に通勤電車が線路上で止まったとき、閉じ込められる恐怖からパニック発作が再発し、それ以後は電車やトンネル、渋滞がダメになったらしい。

今年の2月に自宅で発作があり、それからは毎日息苦しさがあるということでした。

 

ヒーリングメニューで施術しました。

筋力反射テストでストレスやトラウマをチェックしました。

胎児の時のトラウマもあったようです。

2回目のヒーリングの後は気持ちも楽になり、エレベーターや渋滞は気にならなくなられました。

4回目のヒーリングの後には、2年ぶりに美容院に行くことができたと喜ばれました。

8回目のヒーリングの後は不安感もほとんど無くなったようなので、1週間間隔だったヒーリングを2週間に延ばしました。

完全に自信がつくまでは間隔を広げながらヒーリングを続けたいと思います。

 

パニック障害の方は、この方のようにテレビを見ていて発作が起きる場合があります。

事故や震災関連のテレビニュースを見てからパニック障害になった方もたくさんおられます。

日頃金縛りによくなる方は特に注意が必要だと思います。そういう方はネガティブな波動の影響を受けやすいからです。

ネガティブな波動の影響を受けやすい方は、事故や災害などのニュースや特番は見ないようにアドバイスしています。

また、神社や寺なども、嫌な気持ちになるところは避けたほうがよいと思います。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: