腰痛と足のしびれと痛みで通院された大阪府高槻市の女性から体験談を頂きました。

201406101

 

院長コメント

7か月前から両足がしびれて痛みだし、腰まで痛くなったそうです。

整形外科を受診すると「腰の骨がずれているので治らない」と診断されたそうです。

患者側としては医者の診断は絶対的なものだと考えがちなので、「治らない」という診断は「呪縛」として改善のブレーキになることが多いようです。

「病院では治せない」とか「西洋医学では治らない」というような少しは希望を持たせることができる診断を願いたいものです。

腰痛と足のしびれと痛み以外には、2年前からの左ひざ内側のしびれ、左の耳鳴りなどもあるということでした。

立った時の前屈や後屈、側屈、回旋などの動作では痛みは出ませんでしたが、歩行時に痛むのと、座った状態で前に屈むと痛みが出ます。

右脚が短くなっており骨盤がゆがんでいました。

当院では初回で腸骨の高さが揃い、脚の長さが揃います。他院では2~3時間後にはまた狂いますが、当院では何か月、何年たっても脚の長さは狂いません。

腰椎4番5番に変位があり、脊柱起立筋群に緊張が認められました。

また、ストレスも溜めておられました。

ストレス=ネガティブな感情は身体に大きく影響します。

肉体だけを治療してもまかなか効果が得られない場合、ストレスをリセットするとビックリするほど早く良くなることもあります。

他院ではストレスのリセットを行うところは少ないですが、当院ではストレスのリセットができるため少ない回数での改善が可能になります。

 

この方は、初回施術後は腰の痛みは気にならなくなったそうです。

でも、歩くと左足がしびれて痛むということでした。

2回目の施術後は歩行時の足のしびれも痛みもなくなったが、重だるさがあるということでした。

3回目の施術以降は、日常生活でのしびれや痛みや不快感は感じなくなったそうです。

 

この方に対しては、「最後の砦の整体」となることができて有難く思います。

足のしびれと痛みが数回の施術で改善する理由 坐骨神経痛のページはこちら

関連する記事を読む: