パニック障害で来院された大阪市の女性から体験談を頂きました。

201405131

 

院長コメント

この女性は1年3か月前のヨガ教室で突然気分が悪くなり、翌日の通勤電車でも気分が悪くなったそうです。

そういう状態が2~3か月続き、漢方薬を飲んだがすっきりとはしなかったそうです。

別の心療内科の漢方薬でも改善せず、鍼治療やカウンセリングやタッピング療法を試してもダメだったそうです。

その後8か月間ある気功整体に週に2回の頻度で60回以上通ったが全く改善しなかったそうです。よほどその整体とは相性が悪かったのかもしれません。

最近は電車はもちろん美容院や歯医者も苦手になってきたということでした。

 

パニック障害の原因は過度のストレスとトラウマだと考えています。

カイロプラクティックなどで脊椎を整体しただけではなかなか改善しないのはストレスのリセットやトラウマの解放ができないからだと考えています。

また、外部のネガティブな波動を感じやすく影響された場合もパニック障害の原因となると考えています。

当院では指の筋力テストでストレス(ネガティブな感情)やトラウマをチェックして、気のヒーリングでそういうネガティブなものを除去します。

この方の場合、ヨガ教室や中学時代、胎児のときなどにトラウマの反応がありました。

初回ヒーリング後には顔色が変わり表情も良くなられました。

その後緊張感や軽い動悸は感じたそうですが、2回目のヒーリングの後はそれもあまり感じなくなり、ちょっとそわそわする感じがあったが気にならないということでした。

順調に改善していただけていると思います。

ありがとうございます。

パニック障害・自律神経失調症のページはこちらへ

関連する記事を読む: