めまいでお困りの方は、耳鼻科、脳外科、内科、めまい外来などでMRIやCTなどの検査や投薬を受け、改善しない場合は「自律神経失調症が原因のめまい」と診断され、心療内科を紹介されることも多いようです。

こういう場合の「自律神経失調症が原因のめまい」という診断は、多分に「検査で異常がないので病院では原因がわからない」というニュアンスを含んでいます。

処方された安定剤などがプラセボ効果として一時的に効くことはあっても、そのうち効かなくなるということも多いようです。

2014memai

当院では自律神経失調症が原因のめまいと診断された方でも頚椎の変位を正し側頭骨を調整すれば改善するケースが多いです。

めまいは頚椎の変位と側頭骨が原因であることが多いからです。

ただし、本当に自律神経が原因のめまいのケースもあります。

ストレスやトラウマ、ネガティブな感情が自律神経に影響している場合は、体の整体だけではその場は症状は無くなっても症状はすぐに再発します。

自律神経からのめまいの根本改善を目指すにはネガティブなものを完全にリセットし自律神経を整える必要があると思います。

当院では気のヒーリングで脳幹や大脳基底核へ働きかけることにより、ストレス、トラウマなどのネガティブなもののリセットをして、自律神経が原因のめまいの完全改善を目指しています。

 

自律神経失調症からめまいで会社を休んでいるという男性から体験談を頂きました。

memai12

 

院長のコメント

4か月前からくらくらするめまい(歩行時や座っているとき)、視点が合わずゆらゆら見える、視線を横に動かすと景色が遅れてついてくる、常に頭がぼ~っとする、体全体の脱力感などの症状が発症したそうです。

病院は、脳外科のMRI、CTで異常なし。循環器の心臓の検査も異常なし。耳鼻科の検査も異常なし。整形外科の検査も異常なしで、最終的には自律神経失調症からのめまいと診断され投薬を受けたそうです。

当初安定剤が効いたそうですが、そのうち効かなくなり、2か月前からは会社を休んで実家のある大阪に戻ってきているということでした。

この方、めまいが発症する以前にとても大きなストレスのある出来事で精神的に参っておられたそうです。

この方のめまいにはストレスやネガティブな感情が影響していることが予想できたので、頸椎を中心とする体の調整や側頭骨の調整を行うのと同時に、Oリングテストでネガティブなものを確認し、ストレスリセットの気のヒーリングを行いました。

 

初回整体施術の後はめまいはずいぶんましになったようですが、視線を動かすと景色が遅れてついてくる症状や集中しづらい症状、頭のぼ~っとする違和感、体の倦怠感はあまり変化がなかったということでした。

ストレスリセットの気のヒーリングでは1回のヒーリングでネガティブなものが完全に無くなることは少なく、少しでも残っているとまた自分でネガティブなものを作ってしまいがちです。

何度かヒーリングを繰り返すことで完全にストレスをリセットできるようになり、症状の再発もなくなることが多いです。

2回目の施術後はめまいは完全に感じなくなり、5回の施術で視線を動かしたときの景色が遅れてくる症状や頭のぼ~っとする違和感も亡くなりました。

8回の施術で自律神経失調症の体の脱力感、倦怠感もほとんど無くなったそうです。

めまいが数回の整体で改善する理由はこちらのページへ

関連する記事を読む: