たまたまセブンイレブンの雑誌コーナーで見かけた「ターザン」

ストレッチ特集でした。

1395788046615

最初のページから最後のページまでストレッチのやり方が詳しく乗っています。

僧帽筋、大胸筋、広背筋、肩甲挙筋、頭板状筋、大臀筋、脊柱起立筋群、大腿四頭筋、大腿二頭筋、腓腹筋、ヒラメ筋、足底筋などのストレッチ方法が詳しく載っています。

肩こりや腰痛などの症状別のストレッチやスポーツ別のストレッチも乗っていますが、これはどうかな?

全身の筋肉は連動しているので肩こりだからといって肩や首や胸の筋肉のストレッチをすればいいというものではないでしょうし、ストレッチは全身行うのが基本だと思います。

 

この本にはあまり知られていない重要な筋肉のストレッチが乗っているのもいいと思います。

腰痛の場合特に重要な筋肉である腸腰筋(ちょうようきん、大腰筋と腸骨筋)のストレッチなどは、当院でも患者さんにお勧めするストレッチです。

ぎっくり腰の重要な筋肉である腰方形筋のストレッチも載っています。

股関節で重要な大腿筋膜張筋のストレッチも。股関節痛の方は大腿筋膜張筋や腸脛靭帯がカチカチに緊張しています。

五十肩予防で重要な肩甲下筋のストレッチも載っている。五十肩は肩関節付近に痛みが出ますが、重要な筋肉は腕の上腕三頭筋や背中の大円筋、小円筋です。

そして五十肩で最も見逃しがちで重要な筋肉は肩甲骨の前側にある肩甲下筋だと思います。

肩こりは僧帽筋や肩甲挙筋を連想しますが、重要なのは腕や胸や背中の筋肉です。上腕三頭筋や小円筋、小胸筋、大胸筋を緩めないと改善しません。

パソコンのマウス作業では上腕三頭筋が酷使されます。パソコン作業での肩こりは上腕三頭筋を緩めないと改善しません。

 

当院では患者さんから効果的な運動をアドバイスしてほしいと言われることがよくありますが、ストレッチに関してはこの雑誌をお勧めすれば事足りるような気がします。

 

この本のストレッチを一通りやってみましたが、30分以上かかります。

やり終えた後は身体がポカポカしました。

この雑誌、500円は値打ちです。お勧めです。

 

関連する記事を読む: