大阪府吹田市の女性から当院の施術への感想文を頂きました。

katakori9

この女性は半年前に出産後から体の歪み(猫背)が気になりだしたらしい。

4か月前には朝起きた時に手にしびれを感じるようになる。

2か月前に仕事に復帰後、肩が張ってコリを感じるようになる。

1か月前からは首に痛みが出て、両腕(前腕)には電気の走るようなしびれと痛みを感じるようになったそうです。

病院のMRIでは骨や椎間板には異常はないと診断されたそうです。

インターネットで知った当院にお越しになったときは首と肩のコリと痛みが強く、満足に首を動かせない状態でした。

首は上は全く向けない状態でした。

骨盤がずれており右足が短い状態で、首や肩の筋肉はひどく緊張していました。

また育児や仕事へのストレスも抱えておられました。

整体で骨盤を正し、首や肩の必要な筋肉を十分緩め、頸椎を調整し、気のヒーリングでストレスをリセットしました。

初回の施術後には痛みやしびれはほとんど感じなくなられました。

1週間後のの2回目の施術まで良好な状態が続いたので、2回の施術で終了しました。

この方、初回施術後に病院に行きレントゲン検査を受けられたそうです。

医師には、「前の検査では骨と骨の間が狭くなっていたのが、今回の画像では骨と骨の間が広くなっている」と言われたそうです。

 

骨と骨の間が広がるということ、

これは別に薄くなった椎間板が修復されたということではないと思います。

首の筋肉(頚椎を支持している胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲挙筋、僧帽筋など)が緊張して縮めば、骨も圧迫されて骨と骨の間が狭くなります。

骨と骨の間が狭くなれば、最悪の場合はヘルニアが突出することもあります。

でも頚椎の支持筋が緩めば骨への圧迫もなくなり、骨と骨の間が広くなることもあります。

骨と骨の間が広くなればヘルニアがもとの位置に戻ることもあります。

 

この方の場合、首と両腕の辛い症状が1回で改善され良かったと思います。

良い状態が続くことをお祈りいたします。

ありがとうございます。

関連する記事を読む: