頚椎ヘルニアで通院された大阪府柏原市の男性の症状は、右首の強い痛みと右腕のしびれでした。

感想文をいただきました。

keitui8

初回の来院時は首が痛くてほとんど右が向けない状態でした。

この方の症状は最初は一年半前に手が痺れて、病院のMRI検査を受けたそうです。

病院の診断は頚椎椎間板ヘルニア。

その後完全に治まらずにだましだまし生活をしていたそうですが、3か月前に首の痛みや上腕の痛みが強くなり常時痛みが継続するようになったそうです。

手のひらは常時しびれ、何かの拍子に腕全体に強い痺れが出るということでした。

この方はお仕事がパソコン相手だということで、パソコンに向かうのも辛く、インターネットで知った当院にお越しになりました。

身体の確認では骨盤の高さは揃っていましたが、首から肩の筋肉は緊張が強い状態でした。

頚椎には変位が見られました。

無痛ポジショナル操法や整体術で必要な関連筋、胸鎖乳突筋、斜角筋群、小胸筋、大胸筋、僧帽筋、肩甲挙筋などを緩め頚椎の変位を正しました。

頚椎の支持筋関連筋を緩めると、椎骨間の椎間板への圧迫や痛みが減少し、その後の頚椎の変位の矯正が容易になります。

当院では筋肉の緩めは押したり揉んだりはせず、独自の操法で無痛で素早く緩めて正常にすることが可能です。

また、この方はストレスも相当溜め込んでおられたようなので、気のヒーリングでストレスやネガティブな感情をリセットしました。

腰椎椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアの方は、症状そのものがストレスとなっている事が多く、ストレスは交感神経を緊張させ筋肉を緊張させ血流を悪くするので、気のヒーリングでのリセットが必須になります。

 

初回施術後は首を動かして右を向くことができるようになり喜んでいただけました。

2回目の施術以降は痛みはあまり感じなくなられたようですが、何かの拍子に腕がしびれるということでした。

腕のしびれは軽くなったものの、何かの拍子に現れるということでしたが、しばらく様子を見てみますということで4回の施術で終了しました。

このまま良い状態が続き、腕のしびれも完全になくなることを期待します。

ありがとうございます。

頚椎ヘルニアが短期間で改善する理由 頚椎ヘルニアのページはこちら

大阪、京都、茨木市、高槻市、吹田市、豊中市、枚方市で、頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みや腕の痺れの症状は

即効性で定評のある大阪茨木くぼ整体にお任せください

 

 

関連する記事を読む: