夏でも手足が冷えるという人もいますが、冬の寒い季節は冷え性はつらい症状でしょう。

冷え性にも種類があって、四肢末端型冷え性、下半身冷え性、内蔵型冷え性などがあるそうです。

四肢末端型冷え性の原因は体温不足らしいです。体温をこれ以上逃さないため四肢を冷やすらしい。

四肢末端型の冷え性改善は身体全体の体温を上げる必要があるとか。

下半身型冷え性の原因の多くは腰に原因があるそうです。

下半身型冷え性の改善には、まずは腰痛の改善が必要らしいです。

内蔵型冷え性の原因は自律神経の異常とか。

自律神経の改善には規則正しい生活と、食生活の改善が必要ということでした。


こんな本を見つけました。

DSC_0095

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。

重力により下半身にたまった血液を心臓へ戻してくれるポンプの役割をはたしてくれるといいます。

下半身の血流が良くなれば全身の血流が良くなり、つらい症状のほとんどが良い方向へ向かうという内容の本です。

冷え性の大本は血液のよどみとも書かれています。

ふくらはぎの機能を正常化すれば、冷え性なども良くなるはずです。

冷え性以外にも、高血圧や心臓病、高血圧、アトピー、花粉症、更年期障害、うつ、不眠などにも効果があり、デトックス効果もあると書かれています。

自分でできるふくらはぎマッサージの仕方も写真でわかりやすく解説してあるし、1100円と安価なので買って試してみる価値はあると思います。


小生も、自分の体と家族で試してみようと思っています。

手元には整体器具の木製ローラーがあるのでそれを使ってみます。

1389675416547

関連する記事を読む: